早大生さわブログ

もがいています。

【経営者のリアル】ぶっ飛び社長さんに聞いた、ほかでは教えてくれない話。

ビジネス・起業・経営

などに興味があるみなさーーん。

そして興味がないみなさーーん。

注目です。

 

今日も、ぶっ飛び社長さんについての記事です。これは普通にしてたら絶対聞けない超レアな話だと思います。

www.sawa-yanagi.com

 

 

ぶっ飛び社長さん。

いくつもの会社を経営をしているぶっ飛び社長さん。メインでは教育系の会社を経営していて、その教育事業の拡大と、新しい事業の立ち上げも検討されています。

 

現在私はその社長さんのもとについて、日々行動を共にして、ビジネスや経営だけでなく、人としての在り方・考え方なんていうことについても学ばせてもらっています。

 

その社長さんは今年(2019年)の前半に本が出版されるそうなんです。

 

それ以降メディアに出られるそうなので、それまでこのブログでは、社長さんの考え方・生き方がぶっ飛んでいるので、ぶっ飛び社長さんと呼ばせていただきます。

 

そのぶっ飛び社長さんに教えてもらった、『経営者』として生きることについて。

実際の経営者さんから聞いた経営者のリアルは、想像とはだいぶ違っていました。

 

経営者で良かったこと3つ。

1、時間を自由に使える。

“経営者だとさ、サラリーマンだったらできない時間の使い方ができるよね。

今俺、好きな時間の使い方しかしてないよ。
好きな人としか会ってないし、好きなことしかしてない。やりたくないことは1ミリもやらないって決めてるし”

 

2、自分の世界を作れる。

“会社ってさ、自分の世界観を具体化したものなんだよね。経営者が世界観の地図を作って、従業員がそれ通りに世界観を作る感じ。


経営者はやりたいことができるけれど、従業員は経営者の地図に合わせて動くから、結局従業員だとやりたいことができない。


経営者だから、自分の世界が作れるんだ”

 

f:id:chima0528:20190104211755j:plain

 

3、人生が充実する。

“毎日たくさんのトラブルが起きる。もうどうでもいいやって思うこともある。


勉強しなきゃいけないことはたくさんあるし、会社の責任は俺にあるから、トラブルの対処もしなければいけない。クレームもたくさん来る。


でも、それでもすごい毎日充実してるんだよね。テンパりながらも、半分楽しんでる。これをどう解決しようかなって。

これも必要だから起きてるんだし。


同じ日が1こもない。毎日何か起きるから”

 

大変なこと2つ。

“世の経営者はきれいなこと・きらきらしたことしか言わないけれど、実際かなりきついし大変だよ”

 

1、孤独。

1月1日。従業員がみんな休みの日、ぶっ飛び社長さんに会いに行くと、誰もいないオフィスに1人でいました。

 

そこでは黙々と手帳に向き合う社長さんの姿が。次の1年をどうしていくかについて真剣に考え、手帳に書き込んでいるそうでした。

 なんとその手帳に向き合って目標設定する作業はあと7日間も続く見込みだそうです。

 

“ちゃんと時間取ってやんないと、すぐ1年終わっちゃうから。世の中の経営者も、おんなじようなことしてると思うよ。

 

これは普段人には見せない姿だよね。みんなきらきらしたとこしか見えないし、それで憧れたり、批判したり、色々いってくるから。

 

何かを得るためには、何かを捨てなきゃいけない。色んなものを犠牲にしてる。
孤独だよ、経営者って”

 

その後も、社長さんは何時間もノートに向きあっていて、私が帰った後も寝ずに目標設定の作業をやっていたようです。

『経営者の見せない努力』ってすさまじいんだな、と感じた瞬間でした。

 

2、不安と恐怖。

“逃げ出したくなる時もある。従業員なら逃げられるけど、立場上、俺は逃げられない。

従業員を食っていかせなきゃいけないし。守らなきゃいけないものがあるから。

 

いつも誰かに追いかけられてる気がする。
怖くて眠れなくなったり、突然立ち上がってしまうこともある。
大変だよ、経営者って。

 

でも、それでもやりたいことがあるからやってんだよね”

 

いや、かっこいいの極み。

 

f:id:chima0528:20190104211901j:plain

 

終わりに。

いかがでしたか?

私は、ぶっ飛び社長さんの話を聞いて、これまで経営者のきらきらしたところしか見てこなかったんだな、ということがよくわかりました。

 

経営者って死にそうなほどきつい。
精神的にも。物理的にも。

 

責任からのプレッシャー、トラブル対処のストレス、24時間自分の会社のことを考えていて、ろくに寝てない日が続くのは当たり前。

でも、社内ではそういった抱えているものを一切出さない。

 

うぎゃあ。私にできるかな、、、という不安が頭をもたげてきます。

でも、そういったものを乗り越えて、不安や恐怖や孤独と人知れず闘いながらも、自分の信念をもって前に進み続ける姿は、人として純粋にまじでかっこいいと心底思います。

 

ぶっ飛び社長さんの本が出版された暁には、ぜひ皆さんにも読んでもらいたいなと思います。それでは今日はこの辺で。

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー