【リアルタイム】ぶっ飛び社長さんの、人生を賭けたチャレンジ。

ぶっ飛び社長さん、現在人生最大ともいえる大きなチャレンジをしようとしています。

 

出会って2週間。人生の岐路ともいえる瞬間に立ち会えていることをとても幸運に思うとともに、何かしらの力になれればという気持ちで、この記事を書いていきます。

 

 

独立。

“本当に自分がやりたい教育をやりたい”

そんな強い思いからぶっ飛び社長さんは独立を決断しました。

 

社長さんはメインで教育系の会社を経営されているのですが、その会社のオーナーさんは別にいます。今回そこから独立して、新しい別の会社を作ることを決めたんだそう。

 

ビジネスや会社の仕組みについて全然詳しく知らない私からすると、その事の重大さがいまいちわからないのですが、これが、かっっっっなり大変。

 

オーナー・役員の説得。株の所有権争い。
従業員や、教育系の会社だから、それに関わる生徒・保護者・学校への対応。

 

“波乱を呼ぶと思うよ。
ものすっごいぐちゃぐちゃになると思う。
離れてく人もいると思うし”

と社長さん。

 

私には想像もつかないのですが、その大変さは、社長さんの言葉を借りると、
『産みの苦しみをもう1回味わう』くらいだといいます。


つまり、会社の立ち上げとおんなじくらい大変だということ。

 

肩書は社長なのだから、そのままでも問題がないような気がしてしまいます。

 

でも、今後本当にやりたい教育をやる為にはオーナーからの独立が必要なのだと、
それがどれだけ大変でも絶対に独立するんだと、強い決意を持った目で、社長さんが教えてくれました。

f:id:chima0528:20190105205859j:plain

 

大企業へ。

オーナーから独立し、新たな会社を立ち上げる社長さん。そしてその会社を大企業にするという決意があります。

 

立ち上げた企業を大企業にする。

それまでがどれだけの道のりなのか、どれだけの覚悟が必要なのか、

私には想像もつきません。でもそれがとんでもなく大変だということはわかります。

 

“これから色んなドロドロした場面を見ると思う。俺のことをつぶそうとする人、俺のことを悪く言う人も出てくると思う。

もしかしたら俺が1回だめになって、グロテスクなことになるかもしれない。もしそうなっても絶対に這い上がって見せるから”

と社長さん。

 

最後まで信じ続けようと思うと同時に、頑張っている人を批判する世の中って、やっぱりおかしいって思いました。

 

決断と挑戦。

素直に、すごいと思う。かっこいいと思う。

 

だって、今のままでも社長さんの会社はなんだかんだうまくいってて、そのままでも問題はないはず。

 

それでも、

“1ミリも妥協したくない。遠慮したくない。俺の本当にやりたい教育をやりたい”

という思いから、わざわざ大きなリスクを背負って、オーナーから独立し、新しい会社を立ち上げるという道を選んだ。

 

社長さんも相当悩んだと思う。

“『迷ったら、怖いほうに行け』って師匠に言われたからね”と社長さんが言っていた。

 

その言葉に従って心を決める素直さ、

これまでの成功に甘んじず、自らリスクを取って大きな挑戦をする勇気、

本当に尊敬しています。

 

f:id:chima0528:20190105205707j:plain

 

終わりに。

“諦めなかったら、自分の人生でやりたいこと・欲しいものが手に入るんだよ。
 諦めなかったら”

社長さんが言っていた言葉です。

 

きっと社長さんは、諦めずに今回の大きなチャレンジも乗り越えられると思うし、私もそれを後押ししたいと思います。

 

今後も随時、ぶっ飛び社長さんのチャレンジについて、記事を書いていきたいと思うので、楽しみにしていてください。

みんなでぶっ飛び社長さんを応援しましょ!

 

それでは今日はこの辺で。

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー