ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

前夜祭で白雪姫になった話。

どもっ。早大生ブロガーさわ(さわやなぎ)です。✋

この間前夜祭に出演したという話をしたのですが、今日は写真を交えながらもう少し詳しく書いてみようかと。

 

白雪姫。

まずは写真をどん。

f:id:chima0528:20181113103709j:image

前夜祭ではこんな格好をしていました。

ちなみにこの衣装のテーマは白雪姫。

 

これで踊った曲がDream5の『学園天国』

高校の文化祭という設定だった為、こんな衣装になりました。

人生で初めてこういうコスプレ的な格好をしましたが、意外と楽しかった(笑)

 

フラッシュモブだけどモブしない。

前も言った通り、さわは早稲田大学フラッシュモ部というサークルに所属していて、その一員として前夜祭に出演しました。

 

今回踊ったのは2曲。

上に書いたDream5の『学園天国』と、

あのグレイテスト・ショーマンの『This is me』

早稲田大学パフォーマンス研究会さん、ミュージカルサークルのSeirenさん、怪獣同盟さんとコラボしました。

 

フラッシュモブサークルとして出演しましたが、今回はフラッシュモブ要素なし(笑)

まあ、そういうときもあります。

ただ、テーマが高校の学園祭だったり、

衣装やダンスの振り付けが可愛らしかったり、

盛り上がるコール&レスポンスをやったり、と

ガチのダンスサークルとはまた違ったテイストで爪痕を残せたのではないかと思います。

 

初ステージなのに緊張しなさすぎて、自分が心配になった。

これまでステージ上で踊ったり演じたりしたことないのに、面白いくらいに緊張しなくて、逆に自分のことが心配になりました(笑)

 

出番が近づいてくるにつれ、みんなの緊張が高まり、

“ああ、やばい緊張してきた”

“振り間違えたらどうしよ”

と、そわそわする人が出てきます。

 

そんな中、さわの心中は

“え、全然緊張しないんだけど。まじか。

実感まるでないし、ふつうに楽しみしかない。

これ、自分大丈夫か?

本番急に頭真っ白になったりしないかな”

なんてことを思っていました。

もともとそんなに緊張するタイプではないようなのですが、それにしても緊張しな過ぎて、逆に不安に。

 

そしていよいよ本番。

ステージに出る瞬間まで緊張感がありませんでしたが、

ステージに出てからは、、、

やっぱり緊張感はありませんでした(笑)

 

観客がいっぱいいて、歓声が聴こえて気分が高揚し、ただただ楽しい時間でした。

ただそうやって気分が高揚する一方、やけに冷静な自分もいて、“次の振りはこうで、動きはこうで、、”

と頭が働いていて、本番前に心配していた頭が真っ白になるようなことはなく無事に終わることができ、ホッとしました。

 

結局一番おいしいのは普通の観客なのではないかと思った。

初めてステージ上でパフォーマンスをしてみて思ったこと。

それは、演者として出るのももちろん楽しいし、ステージ上だからこそ感じられる興奮や喜びもある。

でも、、、やっぱり大変(笑)

何ヶ月も前から練習を積み重ねて、前日も夜まで練習して、本番は朝から場当たりやゲネ(通しリハ)で準備に追われる。

 

そんでもって一番思ったのが、

演者って他の団体のパフォーマンス見れないってこと。

出番前はぎりぎりまで練習や衣装の準備なんかをしなくちゃいけないし、出番が終わっても客席はお客さんでいっぱいだから、控え室で待っていないといけない

お客さんの中に入って一緒に盛り上がって楽しんだりできないんです。ここが悲し。

 

前夜祭では、モブ以外にも、男子チアのSHOKERS、フラダンスのわせフラ、下駄ダンスの下駄っぱーずなど、

早稲田の超人気サークルのパフォーマンスが盛り沢山

そんなのやっぱり見たいじゃないですか。

ゲネ(通しリハ)の時に多少見れたから良かったけれど、“ふつうに他の団体見たいなあ”という思いはやっぱりありましたね。

これはやっぱりパフォーマンスをする界隈のなかではあるあるなんですかね。

 

で、つまり何が言いたいかというと、

一般の観客としてみるのって、演者からしてもめちゃお得だから、行ってみたらどう?来年の前夜祭来たらどう?って話です(笑)

  • 朝からリハや準備する必要もない。
  • 控え室で待っている必要もない。
  • ずっと座っていられる。
  • ふつうにどの団体のパフォーマンスも楽しめる。

これまで当たり前だと思っていたこんなことが、演者サイドにまわってみたらパフォーマンスの裏側に膨大な時間と労力がかかっていることを知りました。

それと比べると、観客としてみるのってめっちゃお得。楽しむだけでいいし、むしろ楽しむしかすることない。

 

まとめ。

はい。最後まで読んでいただきありがとうございます。

さわも出演した前夜祭の裏側、ステージパフォーマンスの裏側いかがでしたか?ダンス等やってる方からしたら

“ったりめーだろ!”

て話かもしれませんが、これまでは見る専門だったさわからしたら、結構な驚きや気づきがありました。

来年の前夜祭にも出演するかは全くわかりませんが

前夜祭に興味を持ってくれたみなさんは、ぜひぜひ前夜祭に足を運んでみてくださいね〜。

 

それでは今日はこの辺で。👋

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー