ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

ビジネス本を300冊読む女子高生。

今思えば、変な女子高生ですね(笑)

 

ども。早大生ブロガーさわです。✋

変てこりんな女子高生もいるもんだと面白がって読んでくれたらうれしいです。

 

 

 

毎日本屋通い。小説より、漫画より、ビジネス本。

ビジネス本といえば、サラリーマンの方・大人の方が読むイメージですよね。

 

でも女子高生さわは、ビジネス本を読みまくっていました。

 

ビジネス本といっても色々ありますが、具体的には、

経営、お金の稼ぎ方&使い方、成功法則、生き方、株、投資、心理、、、。

なんていうジャンルの本を読んでいました。

 

女子高生が株や投資って(笑)

 

少し大きめの本屋が家から5分くらいのところにあったので、暇さえあれば通って立ち読みしていました。

 

高1から、ちょいちょい通い始めて、高3までその習慣は続きましたね。

受験期も息抜き程度によく行っていました。

 

 

なぜビジネス本?

そこですよね。

どうして女子高生が小説でも漫画でもなくビジネス本ばかり読んでいたのか。

 

ひとことで言うと、

“人生に迷っていたから”

“本を読んで人生の選択肢を増やそうとしたから”

です。

 

さわの地元は長野県の田舎。

 

周りの人の仕事といえば、

公務員。教師。医者。看護師。銀行員。農家。

など職業がある程度固定されていて、選択肢がとても少なく感じました。

 

どの選択肢を選んでも、ある程度先が見えてしまうし、それほど就きたい職業もない。

周りでも、楽しそうに働いている人もいない。

 

“もっと楽しんで豊かに生きる生き方はないのかな”

そんな答えを求めて本を読むようになりました。

 

そうして本を読み始めたら、驚きました。

世界が広がりました。

 

“仕事は大変なもの。我慢するもの。楽しくないもの”

 

そんな価値観を持っていたのが、

 

本田健さん、斎藤一人さん、堀江貴文さん、松浦弥太郎さん、心屋仁之助さん、、、。

などなどたくさんの人の本を読んで、価値観がひっくり返りました。

 

“好きなことを仕事にして、

楽しく豊かに働いている人って思ったよりもいるんだ。

そうやって働いていいんだ。

そうやって生きていけるんだ“

 

と知って、目から鱗でした。

 

それなら私もそっち側の世界。楽しんで豊かに暮らしている世界の住人になりたい。

 

そう思うようになりました。

 

現在と今後。

高校時代300冊も読んでいたさわ。

現在はと言うと、、

もちろん今も読んでいます(笑)

 

大学生になって200冊くらいは読んだと思うので、高校生からの累計は500冊以上になるかと思います。

 

東京に来て、大きい本屋さんがたくさんあるので、よく本屋に行きます。

 

そして読んだ本からの学びを実践しながら前に進んでいるところです。

 

今後は、これまでそれだけの本を読んできて情報インプットしてきたので、今度はそれを発信する側に回りたいと思います。

 

 

終わりに。

一生に一回の人生。失敗したくないですよね。

できれば楽しく生きたい。

そんな時、本てすごく役にたつと思います。

他の人の成功や失敗のまとめを、全部知ることができるから。

 

これから、そういった本の良さ、本から学んだこと気づいたことをどんどん発信していくので、読んでいただけたら嬉しいです。

 

それでは今日はこの辺で。

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー