ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

恐怖や不安を感じた時の対処法。

 

 

初めての〇〇。

 

  • 初めての職場。
  • 初めての学校。
  • 初めてのデート。
  • 初めての登山。
  • 初めてのカラオケ。
  • 初めての旅行。
  • 初めての友だち。
  • 初めてのお店。

 

こんな場面で恐怖や不安を感じたことはありませんか?

 

“よーし、新しくバイト始めるぞ〜”

と意気込んで、応募したのに、

 

面接前日になると、そわそわする。

なんだか気が乗らない。

やっぱりやめておこうかな。。。

 

そんな気持ちになったりしませんか?

 

さわ自身も、めちゃくちゃ経験あります。

 

以前は、

“自分て臆病だなあ”

“もっと自信つけて、どんな場面でも恐怖や不安を感じないようになりたいなあ”

 

そんな風に思っていました。

 

 

生きるための本能。

でも、違ったんです。

 

恐怖や不安、感じていいんです。

というか、感じるのが当たり前なんです。

 

人間の脳は“死なないこと”を1番に考えています。

そして、"今のままで生きていられるんだから、余計なことはするな"、と変化を嫌います。

 

なにかを始めようとしたら、

ある時は「不安」という感情を生み出したり、

ある時は「寂しさ」という感情を生み出したり、

また、ある時は「自分にはできない理由を探してきたりと、

同じことをして失敗した人の例が目につくように(気になるように)したりと、

全力であなたの変化を止めようとします。

 

(中略)

 

このようなあなたの脳の「変化を止めようとする働き」のことを、専門的には

「心理学的ホメオスタシス(心理学的恒常性)」といいます

 

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 

 だから、恐怖や不安を感じるのは、あなたが弱いからじゃない。

 

ホメオスタシスのせいなんです(笑)

 

 

怖いまま進めばいい。

じゃあ、怖い時にどうすればいいのか。

 

見出し通り、GOしていいんです。

怖いまま、恐怖や不安・ざわざわを感じながら進めばいい。

 

何かを始める時、怖いのは当たり前なんだから。

 

恐怖や不安を感じたら、

“あ、来たな”

と思って、それらの感情を感じつつ、認めつつ、

そのまま進んでしまえばいいんです。

 

 

人間慣れる。

人間、結局なんでも慣れてしまいますよね。

 

  • 初めての学校も、
  • 職場も、
  • スーツも、
  • 美味しい料理にも、
  • 人混みにも、
  • 立ち仕事にも、
  • 一人暮らしにも、

 

だんだんと慣れてくる。

 

振り返れば

“なんであんなに不安を感じてたんだろう”

と思うほどです。

 

だから、やってみれば、案外なんでも人間は慣れることができます。

 

 

この記事で1番伝えたいこと。

それは、繰り返しになりますが、

 

  • 恐怖や不安は人間だから感じて当たり前。
  • あなたが弱いからじゃないし、
  • 恐怖や不安を感じないようになる必要もない。
  • 怖さを感じながら、進んでみればいい。
  • やってみると案外慣れてくる。

 

ということです。

 

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー