ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

願望実現の鍵。一瞬で自己評価を書き換える方法。

ども、ビジネス本大好き・成功法則オタクの早大生ブロガーさわ(さわやなぎ)です。

 

今日は願望を実現する上で必要・重要なことについて。
また、それをもとに実際にさわが行動してみたことについて書いていきます。

 

願望実現の鍵は“自己評価”

さわが愛読している、
“神メンタル『心が強い人』の人生は思い通り”では、

7200人以上にビジネスや人生の相談・アドバイスをしてきた筆者がこのように述べています。

自己評価が低いままだと「自分にはできるわけがない」という発想が先行し、適切な手段を見つけようとしない場合がほとんどです

見つかるのは「やらない自分を正当化する理由」ばかり。

仮に適切な「手段」が見つかったとしても、それを実行するのは「自分」です。


目的地が明確で、そこに行く手段がわかっていても、自己評価が低いと、行動に移すこと、つまり「実行」することはできません

出典:神メンタル「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り


まとめると、

《自己評価が低い》

→できない理由ばかりを探し、適切な手段を見つけようとしない。

仮に適切な手段が見つかっても、実行に移せない。

→現実が変わらない。
ということですね。


自己評価を一瞬で書き換える方法。

“じゃあ、自己評価が低いときはどうするの?”
というところをこれから説明します。      

自己評価が低い場合、自己評価を
“自分は〇〇できる。目的地に到達できる”という自己評価に書き換える必要があります。

そしてその自己評価を“一瞬で書き換える方法”が、“未来体験”です。
未来の目的地に到達した自己評価を体験するのです。

例えば、本の筆者が実際に体験したのは、
「自分が住みたいと思う家を内見しに行く」でした。

実際に内見に訪れてみると、玄関だけで当時彼が住んでいたアパートのリビングよりも広く、とてつもないギャップを感じたそうです。

そうして「こんな状況は嫌だ!」と現実に強烈な違和感を覚えた彼は、その後会社の業績を何倍にも上げて、理想とする場所に移り住むことができたそうです。


“体験”することで一瞬で自己評価が書き換わる訳についてはこちら。

自己評価を構成する2つの要素とは、「自己肯定力」と「自己効力感」です。

自己評価=「自己肯定力」×「自己効力感」

・・・(中略)・・・

そして、この自己肯定力と自己効力感の2つを同時に高める方法こそが、「体験」することなのです。

  • 自分が理想とする状態を体験することで、「こんなことができている自分って好きだな」と自己肯定力が上がる。
  • 到達したい状況を実際に一度体験することで、目的地のハードルが下がり、「自分にもできるかも」と自己効力感が高まる。

結果、自己評価も高くなるというわけです。

出典:神メンタル「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り


それまで何年、何十年もかけて出来上がった自己評価を変えるのってやっぱり難しい。

その自己評価を一瞬で書き換えることができるなんて、実際に体験することの威力ってすごいですね。

あなたの実現したいことはなんですか?今体験できることはありますか?
もしあったら、それを先に体験しちゃう方がすぐに自己評価を書き換えられて、おトクかもしれませんね。


この後はさわが未来体験をしてきた話です


一人暮らしをするのだ!

高校までは、長野の実家暮らし。
大学入学と共に上京してきてからはお姉ちゃんと同居。

お姉ちゃんは社会人のため、大学生の私とは生活リズムが全然違う。

それにお姉ちゃんの会社と私の通う大学の中間くらいの場所に住んでいるため、お互いちょっと不便でした。

もともと一人暮らしへの憧れがあったこともあり、最近特に“そろそろ一人暮らししたいなあ”と思っていました。

でも、そこに立ちはだかるのはお金の問題。
家賃・敷金礼金・引っ越し代・家具代。。。
色んな障壁があり、これまでなかなか実現できなかったわけです。

そこでまだ全然一人暮らしを始められる見込みはたっていないけれど、上の成功法則を実践することにしました。


不動産屋に連絡。

ネットで物件を探し、良いかんじの部屋があったので、不動産屋に問い合わせ、内見を予約。

そして一昨日、内見のために不動産屋に行ったのですが、行ってみると、
“内見する予定だった物件が前日に決まってしまった”
というのです。なんてタイミング(笑)

それでも、不動産屋に行ったことで、引っ越しに関する情報をゲットできてだいぶ参考になりました。

今後も物件探しを続けていこうと思います。


変化。

さわの希望は、
2月末〜3月頭にかけてで引っ越して一人暮らしを始めること。
しかしこれまでは、その希望もどこか現実味がなく、フワフワとしていました。

でも今回、物件を探して不動産屋に行ったり、
“2月末〜3月頭にかけてで引っ越すんだ〜”というのを周りに話しまくっていたら、
自分の中でだんだんとそれが現実味を帯びてきました

さらにこのブログを書いていることで、さらに現実化の速度を上げているのではないかと思います。


終わりに。

今日、2018年12月6日。
引っ越しは2月末〜3月頭。

このブログに書いたことで、実際にさわの引越しが実現するかどうか、確かめるころができますね。

どきどき。楽しみにしていてください。
実現したら一緒に喜び、失敗したら笑ってくださいな。

あなたの願望も実現しますように。
とちょっぴり願っています。

それでは今日はこの辺で。

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー