早大生さわブログ

もがいています。

思っていたより、自分はずっと子供でした。

“さわちゃんてさ、思ってたより子供だよね”

 

そう、お母さんに言われた時は、特になんとも思わなかった。

これまでは優等生のフリしてきただけだし。 

変に大人になる方が嫌だって思ってたから。

 

でも。ふつうに。私は自分が思っていたよりもずっと、世間知らずのお子ちゃまでした。

 

 

親しき仲にも礼儀あり。

ある講演会に同行させてもらった時。

ぶっ飛び社長さんは司会で、メインの講師は社長さんの師匠的な立場の方でした。

 

講演会が始まる2時間ほど前。会場入りしてその師匠さんを見つけた社長さんはダッシュで挨拶に。

 

師匠さんのカバンを持ったり、エレベーターを先導したり、扉を開けたりと、社長さんは、師匠さんのサポート役に徹していました。

 

その姿を見て私は、はたと気づきました。

私にとっての師匠さん的立場はぶっ飛び社長さんだけれど、私の社長さんへの態度はだいぶひどいものだったと。

 

それを思い返して社長さんに謝ると、社長さんはひとこと。

“親しき中にも礼儀あり、だよね” と。

これまで、席を譲ってもらったり、料理を取り分けてくれたり、色んなことを、怒ることもせず嫌な顔一つせずにやってきてくれて、

私が気づくまで何も言わないで、私に気づかせてくれて、私はなんてことをしてきたんだと、頭を抱えました。

 

出しゃばり。身の程知らず。

上記の、社長さんが司会を務めたすごく勉強になる講演会が終わった後、社長さんがホワイトボードを消していた。

代わると言ったら、断られた。

 

机と椅子の片付けが始まった。

社長さんに、いいよと断られたけど、片付けを手伝った。そんくらいやるもんだと、自分は正しいことをしているのだと思っていた。

 

でも後から言われた。

“あれは、絶対やっちゃダメなやつだよ。絶対ダメ。さわちゃんはお客さんなんだから。運営からしたら、お客さんに手伝わせたってことになっちゃうから。外で待ってないと。

 

あれって、俺のためにやってないよね。その空間のためにやってるだけ。

もっとさ、自分がまだぺーぺーで、何も知らないっていうことを自覚して。しゃしゃり出られても困る。その場じゃ注意できないし”

 

・・・・

 

自分の立場を、1ミリも考えていなかった。

 

司会を担当した社長さんは運営サイドで、講演会前の準備も行っていた。

一方で私は、社長さんの紹介で参加させてもらった立場で、でもそんなことを考えもせず、出しゃばって手伝っていた。

完全に自己満足。

 

そもそも、そういった場において自分の立場をわきまえるという発想すらしたことがなかったというバカっぷりでした。

 

f:id:chima0528:20190129101730j:plain

 

一度で直せない。

食事の時。

遠くのものに手を伸ばしたり、グラスの受け渡しをするとき、うっかり袖にお皿の食べ物がつきそうになって、社長さんが袖につかないようにしてくれることが何度かあった。

 

ある時。社長さんに言われた。

 

“さわちゃんまだ若いからみんな笑って許してくれるけどさ、これが取引先相手だったら終わりだよね。みんな絶対食べないよそれ。俺だったら一発で直すけど”

 

・・・・

 

またしても愕然。

 

袖につかないように押さえてくれた社長さんを、“私の服が汚れないようにしてくれてるんだ”なんて思ってた。

 

あー恥ずかしい。ほんとに自分のことしか見えてなくて、周りのことなんて考えもしなかった。

 

質問が浅い。

“自分で調べて”

“それ、この間も聞いたよね”

“質問が浅い。答え教えてっていうスタンスがよくない。もっと自分で考えてから質問して”

 

そんなことを言われるようになって。

これまで、いかに自分で調べればわかることを人に聞いて答えを教えてもらおうとしていたかに気づいた。

 

社長さんも、これまではあんまりそういうことを言わなくて、最近だんだんと言ってくれるようになったから(笑)受け入れてくれる器は十分にある方で。

 

それでもあえて厳しいことをいってくれるのは、一重に私が今後社会に出るときに必要なことを知らなすぎるからだと思う。

 

f:id:chima0528:20190108185924j:plain

 

常識を知らない。

何気なく、オフィスでパソコンを使っていたとき。

“あ、そこに置かないで”

と社長さんに言われて初めて、自分が資料の上にパソコンを置いていたと気づいた。

 

“まだ社会に出てないからっていうこともあるけどさ、それにしても色々知らなすぎるよね。常識とかモラルとか。そういう一般的なものを知らないと、型破りなことなんてできないよ。

そこから言わなきゃいけないの!?”

って思ったよね”

 

またまた愕然。

学校では、モラルで怒られたことなんてなかった。だから、自分はその辺りは問題ないものかと思ってた。

 

全くもって違った。

自分なんて、社会の中でまだほんとにぺーぺーで、世の中のことを知らなすぎるんだと。

 

ようやく気付いた。

これまで自分は何をしていたんだと、何をおごっていたんだと、恥ずかしくなりました。

 

最近は社長さんに指摘してもらえるようになって、自分の未熟さに気づいて愕然とするばかり(笑)

あああ、まだまだ、まだまだだなあ。と思う一方で、今気づいてよかった、気づかせてもらえてよかったと、本当に思います。

 

社会に出たら、そんなことを言ってくれるほど親切な人はいないだろうし、良い大人なのに、必要最低限のモラルや常識を知らないなんて恥ずかしすぎる。

 

ただ、きっと私みたいな人もこの世の中に入ると思うので(笑)今後もブログでシェアしていきますので、参考にできるところがあったらぜひ取り入れてください(笑)

 

気づかせていただいてありがとうございます。

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー