早大生さわブログ

もがいています。

【ブレブレ】大学をやめたいと親に伝えた話①

前回の話があって。

www.sawa-yanagi.com

 

考えなしに親に大学をやめたいと伝えに行きました。

ぶっ飛び社長さんにも、『大学辞めると決めたので親を説得してきます』と言って、実家に帰りました。

 

 

ストレス。

ただ、ぽんぽんと決断した訳じゃなくて、これまでお世話になった親に大学辞めたいっていうのはやっぱり言いづらいし、苦しい。

 

そのストレスがあってか、親のところへ行くと決めた日の2週間前あたりから菓子パンやらお菓子やらをやたらと爆食いし始めました。

 

問題について考えることから逃げたかったんだと思います。

 

結果、それで3kg太りました。

その前に糖質制限で2kg痩せてたのに。あちゃー。

 

でも、親との一件の後からは食欲がだいぶおさまったので、今後元に戻る予定ですよ(笑)

 

f:id:chima0528:20190217212137j:plain

 

帰省。

話を戻して。

 

心が重めの中、帰省しました。

 

夜のリビングで、家族で話していた時。

そろそろ言おう、そろそろ言おう、と思っていたら、大学のテストの話になりました。

 

するとお母さんに突然、

母:さわちゃん最近どう?もしかして大学辞めたいとか思ってない?

と聞かれて。

 

え・・・、なんでわかった!?

と思いつつ、

 

さわ:実は、、、やめたいと思っとる。

と答えました。

 

 

ええっっっ!!!

 

声をあげるお父さんお母さん。

 

母:やっぱり、もしかしてそうなんじゃないかと思ったんだよね。さわちゃんが急に帰ってくるとき、いい報告ないから。

と頭を抱えました。

 

 

そこで私は、

『去年留年して、今年度1年間は大学行こうと思っていったけど、やっぱり今後3年間、お金と時間をかけてまで行きたいと思えない。


前から経営に興味があったから、大学をやめて、ベンチャー企業で働きながら経営の勉強をして、いずれ経営者になりたい』

そんな旨の話をしました。

 

こうやって書いてみると、普通にやばい。

 

 

正直、怒鳴られると思った。責められると思った。

だからその覚悟をしてた。

 

 

意外な反応。

でも、両親の反応は、思っていた以上に落ち着いてて、私がなぜそう思ったのか、本当に大学をやめて何をしたいのかということについて、質問をしてきた。

 

  • なぜ大学に行く価値がないと思うの?
  • やめて具体的にどうするの?
  • 生活していけるの?
  • そもそもなんで経営者になりたいの?

 

こういった質問を受けて私は、、、

 

しどろもどろになった。

 

 

え(笑)

 

 

もちろん前の記事で書いたような理由や、今後の生活について、考えていたことは話したけれど、話しながら、

 

あ、私全然考えが足りなかった。

 

てことに気がついた。

具体的な生活とか。やめたときのリスクや、それを背負う覚悟とか。

考えているようで、親を説得できるような計画や、覚悟がちゃんとできているかまで考えてなかった。

 

 

あ、大学行く意味ないじゃん、

て思ってそのまんま行動した。

 

 

そして気づいた、私ってバカだ。

 

 

いや、普通ちゃんと考えるだろうし、私も考えたつもりではあったけどそれは『つもり』で。

伝え方も下手くそだし。自分でしゃべってて、何言ってんだろ自分となってしまった。

 

 

 

そして結果。。

 

ブレた。

 

 

親は、別に特別私の考えを真っ向から否定することなく、話を聞いてくれた。

 

そして、

『でも今のさわのあいまいな状況でやめても、リスクが大きすぎるし、性急すぎる。

今決めなくても、大学に通いながらもっといろんな経験して考えていけばいいじゃん』

という趣旨のことを伝えられた。

 

そういう話を聞いていたら、自分の考えや計画があまりにも薄っぺらく思えてきて、自分の経営者になりたいっていう思いにも、疑いを抱き始めた。 

 

 

そんで。。

話し合いが決着しないまま、東京に戻った。

 

 

なにしてんねん。

 

 

つづく。

#さわ #さわやなぎ #早大生ブロガー