ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

どうして、誰に向けてブログを書いてるの?

最近、思うまま、思いつくままにブログを書き、更新していました。

 

自分の内に溜まっているものを吐き出すのは楽しいし、気分がいい。

 

けれど、いまいち軸が定まっていないような、浮ついている感覚があって、どうしたもんかなあ、と思っていた。

そこで、これをもう一度考えた。

 

ワタシ、誰に向けてブログ書いてたんだっけ。。?

 

f:id:chima0528:20190214102225j:plain

 

 

答えはすぐに出てきた。

 

過去の自分に向けて。中高時代の。

 

まじめでプライド高くて、

承認欲求すごくて、

人目を気にして、

自分のこと嫌いで、

そんな自分も好きになりたいけれど、

やっぱり自分を責めちゃって、

自分の言動を自分で監視して、

超息苦しい。


周りがどうとかじゃなくて、自分の脳内で繰り広げられる『脳内反省会→自分責め』をやめたいとひたすらに願っていた。

 

そんな私にむけて、ブログを書きたかった。

 

 

 

そして、過去の自分に何を伝えたかったんだっけ。。?

 

ど真面目な優等生でも、

心をゆるめて、楽しく好きなことで生きられるよ。

ってこと。

 

自分が少しずつ変わっていく、心をゆるめていく、夢を叶えていく様をブログに書いて、過去の自分に勇気を希望を与えてあげたかった。

 

 

昔の自分はこう思ってた。

 

世間で自由に楽しそうに生きている人は、もとからネジが飛んでて、学校でいったら優等生じゃなくて、やんちゃだけど人気者で愛されるようなタイプの人ばっかり。

 

私みたいに、こんなに人目を気にして、真面目で、人の言うことをよく聞くようなタイプで、成功している人が見当たらない。

 

やっぱり、こういう優等生気質になっちゃった人は、もうこれからも真面目に生きていくしかないのかなあ。

 

 

そんな中、『心に従って生きる』『好きなことをして生きていく』を体現し、発信している人を、ネットでちらほら見つけるようになった。

 

少し希望が持てた。彼らも最初は、世間の目に縛られていたようだったから。

 

でも、そういう自由に生きている人が発信しているブログを読んでも、核心にはたどり着けないというか、

じゃあ、続きはセッションで。講演会で。有料メルマガで。

とか言われちゃうと、がっかりした。

 

当時私は長野県の田舎の学校に通う普通の学生で、親の目を盗んで、ネットから自由に生きるための情報を得ようとしていた。

 

だから、講演会なんて、大体都会でやるからいけない。

交通費も、参加費も必要だし、そもそも親がOKしてくれると思わない。

 

しかも、自由な生き方を発信しているのは大体、会社員をやって嫌になってやめた30代以上の大人が多くて。

 

もっと若くて、自分の年代と近くて、なおかつ無料のブログだけで、

学生の自分でも実践できることを教えてくれるような存在はいないだろうか、

とずっと思ってた。

 

それに、自分がなりたかった。だからブログを始めた。

 

 

あ、あなたに向けてではなくてごめんなさい。。(笑)

今週のお題「卒業」

 

 

#さわ #ちま #さわちま #さわやなぎ