赤ちゃんの匂い

Rika Sawayanagi

好きな人ができたら最初にすること。

ちま的恋愛論です。

  • 誰にでも
  • 楽しんで
  • 簡単にできる。

をモットーに発信していきます。

 

 

おはよ。

これです。

なんてことないあいさつ。でもこれが大事だとちまは思います。

 

なぜかというと、

1度話したことがあるかないか。

この差がめちゃくちゃ大きいから。

 

たかがあいさつ、されどあいさつ。

 

想像してみてほしい。

学校なり職場なりで、通路の向こうから誰かが歩いてきた。

 

一度も話したことはないけれど、顔は知ってる人。

どうしよう、うつむいたまま通り過ぎることもできるけれど、ちょっと気まずい。

こんな時ってありますよね。

 

近づいてきてぱっと目が合った瞬間、

『おはよっ』

って、相手から軽い感じであいさつされたら、こっちも軽く、

『おはよー』って返せるよね。

 

ここが超重要。ここが境目。

 

この時、あいさつされた方は無意識にこう認識する。

『あ、この人は自分のことを、気軽にあいさつできる存在だと思ってるんだ』って。

 

f:id:chima0528:20181130114940j:plain

 

2回目からのハードル。

1回相手にそうやって認識されたらさ、もうちょちょいのちょいだよね。

それは言いすぎか。(笑)

 

でも、2回目からの話しかけるハードルは超絶下がる。だって、既に1回話してるから。

 

『ねね、ちょっとこれさ。。』

とかって声をかけても、そんなにびっくりされない。

でもこれが逆に、1度も言葉を交わしたことないただの顔見知りに、いきなり話しかけられたらさ、やや引くよね(笑)


別にそれが悪いわけでもないけれど、あいさつっていうワンクッション挟んだ方が自然だと思う。

 

『おはよ』が1番な理由。

でもあいさつって、1こじゃないじゃん。でも『おはよ』が最強だと私は思う。

だって、『こんにちは』とか
『やっほー』『ばいばい』『さようなら』

って、ややハードル高くないか?

 

初めて交わす言葉が『こんにちは』って。

特に学生からしたらありえないよね。やっほーもちょっと馴れ馴れしすぎる。

 

だから、『おはよ』が最強だと思う。

それも馴れ馴れしかったら、『おはざまーす』とかでもいい。

 

『おはよ』のタイミングを逃した時。

まあでも、おはようって朝しか使えないからさ、タイミング逃すときもあるよね。

そうしたら、何かしら別の自然な声かけを考えるべし。(笑)

 

学生なら、

『あのさ、○○の宿題なんだっけ。。?』

その他の場合でも、

『これって、どこにしまえばいいのかな?』

『すみません、私のってこれですか?』

みたいな。

 

しゃべるのが初だったら、ちょっと控えめに声かける。別にほんとに困ってることじゃなくても、内容はなんでもいいと思う。

 

結論。

まず言葉を交わすこと。内容は問わない。できるだけ自然なこと。

ちまのおススメは『おはよ』

 

まずは挨拶から。そこから、仲良くなったり、付き合ったり、っていう関係に発展していけばいい。

と、思うのですが、どうでしょうか?

 

#ちま #ちま的恋愛論