早大生ちまブログ「やらなかった方をやってみる」

本音の、素直な気持ちを書いています。

好きなことってなんにもならないこと。

最近ですね、

そういえばこれ好きだったなあ、

あ、これも好きだった。

これも!

みたいな発見がけっこうありまして。

 

それで思ったこと、『好きなことさがし』に翻弄していた昔の自分にもちょっと教えてあげたいことがあったので、書きますね。

 

 

私が見つけた好き。

  • 風を感じること
  • 歌うこと
  • ギターの音をきくこと
  • きれいな英語の発音をきくこと
  • 響きの良い人の声をきくこと
  • ぷにっと、もちっとしたもの(ポンデケージョ系のもの)
  • さつまいも
  • ごぼう、れんこん
  • パソコンのキーボードをぱちぱちすること
  • 川の音をきくこと
  • ブログを読むこと
  • 歩くこと

見ての通り、すごくちっちゃいこと。

そして、お金にならなそうなこと。(笑)

 

f:id:chima0528:20190424084916j:plain

 

仕事と結び付けるから、見つからない。

これまで私は、一生続けていきたい仕事になるような、“好き”を探してた。

やってもやっても飽きないような、夢中になって四六時中続けられるような。

 

でもそんなドストライクなこと、考えたっていきなり見つかるはずもなく。

 

“ちょっといいな”

“あれやってみたいな”

って思ったことに少しずつ手を出していったら、段々面白くなっていって、ハマって夢中になっていくっていうプロセスがそこには必要で。

 

それをせっかちなちまは、自分がやってて楽しくて、人よりもできて、夢中になれて、お金になって、、。

ていうパーフェクトなことが探せばどっかにあるんだと思ってた。

だから見つからなくて自分探しが終わらなかったのかあ、と気づきました。

 

まあ、人より素養があって、苦も無くできる事柄もあるかもしんない。でもそれも、ある程度やってみないと、それを世間に発信してみないと、その後どうなるかはわからないよね。

やってみてもないのに、わかるはずがない

そんな当たり前のことを見落としていたことに、気づいたちまでした。

 

好きってそんな大層なことじゃない。

“好き”の種って、そこら中にあると思う。

パン屋さんでどのパンを選ぶか。

カフェでどこに座るか。

何色が好きか。

どんな服が好きか。肌触りは、質感は?

電車で、どんな人を目で追ってしまうのか。

荷物は多いほうがいいか、少ないほうがいいか。

見た目重視か、機能重視か。

じっとしているのと動くのとでは、どっちが好きか。

集団行動が好きか、個人行動が好きか。

海と山なら、どっちに行きたいか。

新しい場所が好きか、いつもの場所が好きか。

 

そういった“好きの種”を、取りこぼさずに1こ1こ拾い集めていくことで、“自分”という人間の輪郭がはっきりしてくると思う。

 

でも、その種ってぱっと見、とてもちっちゃい。

だからもう既に咲いている花の中から、自分を探して当てはめようとするんだけど、その中に自分はない。

種を拾い集めて、育てていかないと。

逆にいうと、そういうちっちゃいこと見つけていけばいいってことだ。

 

まとめ。

もっと小さな、素直な好きを見つけていこうよ。

好きって、もっとちっちゃいもので、くだらないものでいいんだよという話。

 

考えすぎると、“好き”ってなんだっけ?

この感情は好きってことなの?自分のことなのにわからない。。

と、頭こんがらがってきます。

 

だから、もっとちょっとした好きを探していこう。

ちまも、鬼のような形相で、

好きなものどこじゃー。

やりたいことなんじゃー。

って探していたし、早く見つけたくて焦る気持ちもすごくよくわかるのだけど、

それよりも、ちっちゃな好きを拾い集めて行って、それらに少しずつ手を出していく方が、結果的に形になるんじゃないかと、思うんです。

 

そういうお前は何か結果を残しているのかといわれると、なんともいえないけれど。

小さい好きを拾い集めていったら、確実に鬼の形相時代よりは自分自身のこと・自分の喜ばせ方がわかってきて、ずっと気楽に、幸せに生きられるようになりました。

今は、種に水をあげてる真っ最中なので、今後の展開に乞うご期待!

それでは。

 

 #ちま #さわやなぎ #早大生ブロガー #好きなこと