ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

【3週間で-2.5kg】言葉を変えたらするっと痩せた。『太らない』と『痩せる』のちがい。

今まで、生きてきてずぅーっと、ダイエットに成功したことがなかった。


『痩せたい痩せたい』と思って、運動したり、食事制限したりしても、体重が減っていかない。キープするので精一杯。

 

なんでこんなに頑張ってるのに、体重が減っていかないんだろう。。

と、一人で思い悩んでいました。。

 

と・こ・ろ・が、最近になってやっと、痩せなかった理由がわかったんです。

f:id:chima0528:20190620220459j:plain

 

それに気付いてからは、順調に減量中。

ここ3週間で-2.5kg!

 

2週間ぶりに会った人に『顔ちっちゃくなったね!』なんて言われちゃったりして。

 

私が痩せなかった原因、うっかり当てはまる人も多いと思うので、記事にしました!

 

 

自分にかける言葉。

コンビニに行ったとき、どんな観点で食べ物を選んでいますか?

 

私は気づいてしまったのです。。

無意識のうちに自分が

『食べても太らないものを』

と考えて食べ物を選んでいることに。

 

食べ物を選ぶ時以外でもそう。

  • 朝ごはんは軽めだったから、お昼ご飯はしっかり食べても大丈夫。
  • 低糖質のおやつは食べても大丈夫。
  • ちょっと多めに食べちゃったけど、そのあと運動すれば大丈夫。

 

この時の、

『大丈夫=太らない』

ということ。

 

わかりますか?この観点で選んでたら、

太らないけど、痩せもしない。

太らないための選択をしているからね。

 

どんな言葉をかければいい?

 自分にかける言葉は、このように変えましょう。

『痩せるためには』どうしたらいいかな?

一見似ているようで、全然違う。

 

さわはこれまで『太らないように』ってことばかり考えてきました。

それを『痩せるために』っていう言葉に変えたら、行動ががらっと変わったんです。

 

例えば、

  • 間食・無駄食いが減った。
  • おにぎり⇒サラダチキンに変えた。
  • カフェラテ⇒ブラックコーヒーに。
  • 1駅分歩くようになった。
  • 歩き方・姿勢を意識し始めた。
  • スクワット・マッサージを始めた。 

などなど。

そしたら、するっと痩せた。
ここ3週間で2.5kgくらい。無理してないし、健康的に痩せてる。

 

言葉選びのポイント。

『痩せるためにどうしたらいいか』という言葉がけで、もちろんいいのだけど、


もう一歩進んで、

きれいに痩せるためには』どうしたらいいかな?

という言葉を、自分に投げかけてみることをおすすめします。

 

そーすると、きれいに痩せられます。

 

さわはわがままなので、

『脚と腕と顔は痩せたいけど、胸は落としたくない』なんてことを思う訳です。

細くなったからと言って、不健康に見えたり、女性らしさが失われちゃうのはいやだもんね。

 

そうしたら、ちゃんときれいに痩せました。

なぜかというと、『きれいに』という言葉を加えたことで、自然とそのための行動を取っていったからだと思います。


例えばこんな感じ。

  • お肉・魚などのたんぱく質をちゃんと取り、ちゃんと食べる。
    ⇒バストキープ。
  • スクワット・マッサージ。
    ⇒脚が引き締まる。
  • 小顔マッサージ・姿勢の意識。
    ⇒輪郭がすっきりし、背中から二の腕にかけてが痩せる。

 

言葉を変えただけなのに。

きつい思いをすることなく、『気づいたら』するっと痩せていました。

今まであんなに頑張ってたのに、こんなので痩せるんだ、しかもきれいに。

なんて、最高なんでしょう。

 

よかったらあなたも試してみてください。

 

自分にかける言葉の重要性を、改めて感じた出来事でした。。

 

 

*全ての記事はシェア・拡散自由です*