ちびモデルへの道。

早大生さわ、全力で可愛くなる。

人生の軸が決まった。

最近また、『生き方かっこよ!』と思う大人と出会うことがあって。私はどういう人をかっこいいって思うんだろって考えてた。

 

 

その疑問を頭の片隅に置きつつ、電車に乗っていたら、ふとあることを思いつきました。

 

f:id:chima0528:20181224233949j:plain

 

“自分が自分に憧れる生き方がしたい”


思いついた瞬間、『あ、これだ』と思った。

 

私はこれまで、何になりたいとかっていうはっきりした夢がなくて、

ただただ、人から憧れられる存在でいたいと思ってた。(笑)

 

でも『人から憧れる人ってどんな人だろ』って考えても、当たり前だけど1この正解みたいなものはなくて、何を目指したらいいのかわかんなくて、もやもやしてた。

 

気づき。

 でも、今回気付いた。

私は、誰かが憧れそうな生き方がしたいんじゃなくて、

自分自身が憧れる生き方をしたいんだ。

 

今まで、なんとなく大多数が憧れそうなことを目指してきたけど、どうもしっくりこなかった。

 

女優、アナウンサー、起業家、講演家、、、

そんな人たちに憧れたりもしたけど、私はその職業になりたいわけじゃなく、“そういった憧れる存在”になりたかっただけで。

 

だから、誰かが、大多数が、とかじゃなく、自分自身が一番憧れる生き方を目指したら、いっちばん満足して生きられるんじゃないかなと思ったわけです。

 

え、もしかして『そら、そうだろ』って感じだった?

 

でもこれまで人の期待に応えること・人が喜びそうなことを基準に考えてきたさわにとっては、これが大革新だったんです。

 

望む生き方。

あなたは、どんな生き方がしたいですか?

あなた自身が憧れる生き方とは、どんな生き方ですか?

ちょっと考えてみましょう。

 

私が憧れるのは、こんな人。

  • いつまでも子供みたいに純粋。
  • 自分の心に素直。
  • 自分を全力で信頼。
  • 無邪気に人生を楽しんでる。

 

年をとっても『無邪気でかわいいおばあちゃん』って言われる存在でいたいなって思います。

 

最後に。

結局、自分が一番憧れる生き方を追求するのが、一番かっこいいし、人からも憧れるんじゃないかと思いました。

 

 

*全ての記事は、シェア・拡散自由です*