赤ちゃんの匂い

Rika Sawayanagi

心で会話すると、目が優しくなる。

 

いやだったんだよね、自分の目がさ。

 

f:id:chima0528:20200427164906j:plain

 

写真とか、動画とか、鏡に映る自分とかを見ると、目が気になる。

 

見下してる感じ。

冷めた感じ。

気だるく重そうな感じ。

いじわるな感じ。

 

そんなのを、自分の目の中に、見つけてたから。

 

 

 

それがさ、いやじゃなくなったんだ。

理由がわかったから。

 

 

 

私がいつも、素直な自分の気持ちを見ていなかった。

自分の本音をすくい取ってあげていなくて、自分のことを否定しまくってた。

 

いうこと聞いてくれない、いじわるなやつだって、自分のこと思ってた。

 

だからそれを、自分の目の中に投影してたんだ。

 

 

f:id:chima0528:20200427164900j:plain

 

それがさ、自分の心と対話するようになってから。

身体にぎゅっと入ってた力を抜いて、心の内側の声を聞く。

 

天気いいね。歌うたいたいね。おなか空いたね。トイレ行きたいなあ。

 

そんな会話がくり広げられて、なんてことないんだけど、それだけですごく心が落ちつくの。

 

自分の心が素直にかんじてることを、そのまま受け止めてあげる、聞いてあげる。

それをしてたら、すごく心が凪いできてさ。おだやかな気分になるんだ。

 

 

そんな時、自分でもわかるの。ああ、いま優しい目をしてるだろうなあ。って。

そんな時、鏡をみても、やっぱりそうで。

 

いつもみたいに、自分を否定したりしない。

慈愛に満ちたまなざしで、自分のことを見てあげられる。

 

 

なあーんだ。結局ぜんぶ、内側の問題だったんだ。

 

心の声をちゃんと聞いてあげて、素の自分でおだやかな気分でいられたら、こんなに優しくておだやかな心持ちでいられるんだ。

 

て、ちょっと感動したのです。

 

 

心をちょっとおちつかせて、素直にわきあがってくる言葉を聞く。

 

自分に安心していられたら、自然とやさしくなるんだね。