赤ちゃんの匂い

Rika Sawayanagi

お金の、先にあるもの。

 

アフィリエイトで、100万円稼いだことがある。

 

f:id:chima0528:20200508093619j:image

 

正しくは、アフィリエイトのようなもので、3人で、120万くらい、稼いだのだけど。

 

起業の練習の一環で。

 

 

正直、うれしくも楽しくもなかった。

 

営業の為に、街中の若い人に、声をかける。アンケート形式で質問をして、営業に誘導する。

 

なんで私がこんなことしなきゃいけないんだろう。

 

そう思いながら、毎日街頭で、何十人に声をかけ。

 

営業がとれれば、ちょっとした達成感や、嬉しさはあった。

 

 

でもさ、結果がでたときに、思ったんだ。

 

 

ああ、私がもとめてたやつ、これじゃないや。って

 

 

その後、就活イベントを企画して、ひと儲けしようとしたこともあってね。

 

企業って、高学歴で、理系だったりプログラミングできるような人材に、めっちゃお金払うからさ。

 

こんなイベントに数十万も払うのか、て、びっくりしたよ。

 

f:id:chima0528:20200508093656j:image

 

結局、そのイベントは開催しなかった。

 

ポスター作ったり、スケジュールくんだりするのは楽しかったけど、それでお金をもらうことには、抵抗があった。

  

 

1回目のアフィリエイトで。

お金のためだけに動いても、面白くないやって。

自分の身を削ってまでやるのは、やだなって思った。

 

2回目の就活イベントで。

人や企業のためになりそうなことでも、自分が望んでいないことで、心が満たされないことでお金をもらうのも、楽しくないやって思った。

 

 

当時のわたしは、お金を稼ぎたくて。というか、起業っぽいことをしてみたくてね。

 

どうだ!すごいだろ!私はほかの学生とはちがうんだ~!て、めちゃめちゃアピールしたかった(それは、今もかもしれないw)

 

 

でも、一連のいろいろを通して、わかったんだ。

 

 

お金の為だけに動いても、満足感は得られないやって。

 

私がほんとうに欲しかったのは、充実感とか、満足感。

お金が欲しかったわけでも、本当に起業したかったわけでもなく。

 

自分で考えて自由になにかを生み出して、それで人に貢献してる・やりがい・充実感みたいなのを感じたくて、やってたんだ。

 

これまで、どうしたらお金稼げるか、すごい人になれるか、成功できるか、みたいなことばっかり考えてきたけどさ、

 

私は、自分が望むやり方で、自分が満足いくやり方でしか、やりたくないんだなって。

 

 

 

本当にお金が必要だったら、そうも言ってられないのかもしれない。

きれいごとかもしれないね。

 

でももし、選べる自由があるのなら。選べる余裕があるのなら。

 

そっちを選びたいね。

 

 

お金を稼ぐこと自体が好きな人もいる。

お金を稼いで、幸せを求めようとする人もいる。

 

でも、お金の先にある「感情」がほしいんだって、気が付かないままに、

お金ばっかり追い求めてたら、手段をえらばずビジネスしてたら、心が壊れちゃうよなって、思ったんだ。

 

 

まあ、私のは規模の小さい話だけどね。

 

 

でも、大事なことだと思うし、私はきっとこれを、これからも大事にしていきたいと思う。

 

 

 

本当の幸せって、なんだろう。

 

お金の先にかかわらない。

 

恋愛も。美容も。家族関係も。

仕事も。ファッションも。

 

私たちは、それそのもの・物質そのものがほしいんじゃなく、それを得たときに感じる「感情」がほしい。

 

嬉しさ・喜び・達成感・充実感

豊かさ・安心感・自由

 

そういうものが、本当は欲しいんだ。

 

 

お金はさ、まあ手段を考えず稼いで、それで安心感を得ることもできるのかもしれないし、それもありだと、思う。

 

 

でもでも、本当のゴールは、見失わないでおきたいね。

 

f:id:chima0528:20200508094405j:image

 

本当の幸せって、こころの幸せ、だよね。