赤ちゃんの匂い

Rika Sawayanagi

私を、自由に。

 

自由。自由って、なんだろう。

 

f:id:chima0528:20200517154002j:plain

 

いま、いまではないどこかに、完ぺきな理想郷がある

いま、ではない。

ここでは、ない。

 

そんな風に、いまの自分はちがう、と思う時。

 

 

わたしも長いこと、違和感があった。

 

ちがう、ここじゃない。

 

でも、どこがちがうのか、どこに理想があるのかも、わからない。

ただ、今いるところはちがう、という思いだけ。

 

 

長らくを経て、私はたどりついたんだ。

 

私がほしいのは、きっと自由。

 

それも、ぜんぶの自由。

 

時間にも縛られない。

こころも縛られない。

お金にも、縛られない。

 

好きな時に、好きなことをできる。

好きな時に、好きな場所に行ける。

 

人目を気にしない、こころの自由と

値段にとらわれない、お金の自由。

 

 

その瞬間、願ったことを、なんでも叶えてあげられるんだという自由と、力強さ。

 

それが、ほしかったんだと。わかった。

 

 

だって、そうじゃないかな。

わたしたちが本来かんじたいのは、自由と、力強さ。

自分自身には力があるんだ、という感覚。

 

 

そして、自由というのは

 

新しいことに挑戦する自由であり、

失敗する自由であり、

うまくなる自由でもある。

 

 

ほんとうに自由とはなにか、

 

なんでも全てのものごとを、100%完璧にコントロールすること、じゃない。

 

 

私には、私の行動を選べるんだという、

心の自由、お金の自由、時間の自由。

 

失敗に、人目に、未来への不安に、

とらわれないんだ、という力強さ。

 

では、ないだろうか。

 

 

私たちが、

私がほしかったのは、それじゃないだろうか。

 

 

そう、思った時。

 

ああ、それだって、思ったんだ。

 

 

ほんとうの自由、それはとっても贅沢で、

遊びたくなるくらい、地球での生活を、豊かにしてくれる。

 

 

ほんとうに目指していたもの

望んでいたものは、なにか。

 

 

失敗しない強さじゃない。

誰からも文句のいわれぬ体裁じゃない。

 

 

いつでも、自分のこころに従えるという、強さと自由だ。

 

f:id:chima0528:20200517154011j:plain

 

 

 

Follow your heart.