赤ちゃんの匂い

Rika Sawayanagi

お金はまわる。

 

この間さ、お姉ちゃんに

ま~たすぐ、そうやって、お金につなげようとする。

いやしー

て、

からかうような口調でいわれたのだけど。

 

 

お金をかせぐのがいやしいって、いつの時代の考えなんだろうか。

 

どうしてそう思うのか。

洗脳されすぎ、じゃないだろうか。

 

そう、思ったので、書いてみる。

 

 

1万円、あったとする。

 

Aさんは貯金が好きだから、口座に入れた。

 

Bさんは、モノづくりをした。

1万円で材料を買って、商品を作って、売った。発送した。

 

f:id:chima0528:20200520192753j:plain

 

ここでさ、仮にBさんの利益がでなかったとして、売り上げが1万で、経費=売上になっちゃったとしてもさ。

 

Bさんのお金って、喜びをまわして、生み出してるんだよね。

 

 

だって、

材料を買った

→雑貨屋さんにお金を支払った

→店員さんや、雑貨の製造のひとに、お金がまわった。喜んだ。

 

送り賃を払った

→運送会社の人がお金を受け取った。喜んだ。

 

お客さん

→商品を受け取った。使ったor飾った。喜んだ

 

Bさん

→好きなものを作って、楽しかった。お客さんが喜んでくれた。うれしかった。お客さんからお金を受け取った。うれしかった。

 

 

わかるかな?

 

お金はぐるんぐるんとまわって、いく先先のひとを喜ばせて、またBさんのもとへと戻ってきた。同じ1万円だったとしても、たくさんの喜びをつれてきたんだよね。

 

 

対してAさんはさ、べつに貯金が悪いとかは、思わないけど。

ちょっと、もったいないな、て。

 

だって、お金がうごいてない。

 

 

Bさんは、1万円を方々にだして、また1万円もどってきただけで、手元に残った金額は、Aさんと同じ。

 

でもさ、Bさんは、たくさんの喜びを体験してさ、たくさんの人にも、喜びを与えたんだ。これって、すごいことじゃない??

 

 

すんごいんだよ。

お金って、それを通して人に喜びを、与えられるんだよ。

 

f:id:chima0528:20200520192736j:plain

 

お金はなくならない。

お金は天下のまわりもの。

 

 

そんなことばの意味が、最初はわかんなかったけどさ。

最近、よーやくわかるように、なってきたよ。

 

 

これからまだまだ、学んでこ。

 

んで、ぐるんぐるんとまわしてこー!!

 

 

 

お金は、愛だ

という話でした。