赤ちゃんの匂い

Rika Sawayanagi

観念の話。私たちはなんでもできる。

 

 

そう、我らがスーパーマン!いぇいっ

という、話ではなくて。

 

 

冗談抜きで、

・やっちゃいけないこと

・できないこと

って、この世にない気がするんですよねー。

 

f:id:chima0528:20200617221347j:plain


 

たとえば、告白。

 

「え~私、告白なんてできなーい♡」

ていう、女子がいるよね。

 

 

でもさ「SUKI」って、

発音できないわけじゃないよね。

SUSHI」が言えるなら、

そのサ行のイ段を、カ行に変えればいいだけでさ。

 

 

で、正しくは

告白できない、んじゃない。

告白したくない、んだ。

心の奥では。

 

 

なぜかって、

そこに色んな観念が、くっついてるから。

 

  • 断れるかもしれない
  • 断られたらかっこ悪い/傷つく
  • 私は告白するタイプじゃないし
  • 告白は男がするもんだ

 

とか、まあまあいろいろ、、、

 

 

 

それが、悪いんじゃなく、

 

ただ「すき」というたった2文字を

相手の前で発音できないっていうことは、

 

それは発音自体ができないんじゃなく、

その言葉にいろんな観念(思い込み)

をくっつけてるから、って話だ。

 

 

 

で、これが、それ以外でも同じでさ。

 

 

 

ハリポタ(ハリーポッター)で


「名前を言ってはいけないあの人」

ていうのが出てくるけどさ、

 

 

ハリーの中には、

「ヴォルデモート」という言葉に

 

名前を言ってはいけない

恐ろしくて、名前をいうと呪われて、、

 

みたいな観念をくっつけてないから、

ひとりだけ口にしちゃう。

 

 

ほかの人がそれであわてても、どこ吹く風。

 

 

f:id:chima0528:20200617221644j:plain

 

 

だから、言っちゃいけないことばもないし。

 

「〇ね!」て言葉だって、

映画でヒーローが悪役につかう分には、

問題ないかんじだし。

 

 

人を殺すことでさえ、

罪人に対しては、公的に行われてる。

 

 

言ったこと、やったことによって、

傷つくかもしれない人、は当然いる。

 

 

でもさ、それが傷つくかどうかは、

人によってちがうわけだし。

それがいいか悪いかも、

状況によってちがうわけだし。

 

 

だから一概に、

やっちゃいけないこと、

言っちゃいけないこと

そして、できないことって、

ないと思うんです。

 

 

そこに色んな観念とか、

状況とかが絡んでくるだけで。

 

 

 

 

で、結局なにが言いたかったんだっけなあー。(笑)

 

 

まあ、好きな人には告白しましょう。

というところで、まとめておきましょうか。

 

 

 

いや、最後にもう少し深ぼると、

 

自分の中で法律があって、

 

  • 人に頼んじゃいけない。
  • 軽々しくふるまっちゃいけない。
  • おしゃれしなきゃいけない。
  • こんな格好で外でちゃいけない。
  • お弁当つくらなきゃいけない。
  • 自分だけ楽してちゃいけない。。

 

 

って、色んな思い込みがあって、

あたかもそれが本当にだめなこと・悪いことだ

って感じてしまったり

 

 

  • 自由に暮らす。
  • お金を稼ぐ。
  • 大きな家に住む。
  • 海外に行く。
  • 有名になる。
  • お店を作る。。

 

 

とかいろいろ、

絶対にできない、まるでだめだって

真実のように感じてしまうこともある。

 

 

でも、その

「絶対にだめ」「絶対にできない」

さえも思い込みで、

 

はなからそんなものがなく、

あなたのこれまでの経験や思い込みや、

その場の状況だけに即するものなら、

 

なーんだ、案外それって真実じゃないかも。

てことが、あると思うんです。

 

 

それで、選択の幅が広がったら、

うれしいなあ。と思います。

 

 

 

f:id:chima0528:20200617221352j:plain

 

 

 

以上です。